業界プレイヤーから業界リーダーへの成長

1945

Veeco(Vacuum Electronic Equipment Co.)は、リーク ディテクター装置に特化して設立されました。

1989

Veecoの当時のCOOであるEdward H. Braunは、上級役員のグループとともに、半導体およびデータ ストレージ業界向けの新しい装置会社を創立するためMBOを先導しました。BraunはCEOに任命されました。

1994

VeecoはNASDAQ株式市場での新規株式公開を完了しました。当時、Veecoの売上は、約30百万ドルでした。

1999

VeecoはIon Tech, Inc.を買収し、光学コーテイング市場に参入しました。

2001

Veecoは、ミネソタ州セントポールの現在の分子線エピタキシー グループであるApplied EPIを買収しました。

2003

Veecoはニュージャージー州サマーセットにあるEmcoreを買収し、LED市場向けの有機金属化学蒸着システム事業をリードしています。

2007

John Peeler氏はCEOに任命され、Veecoを製品開発の加速、柔軟な事業戦略、および高成長市場に向けて導きました。

2008 – 2010

Veecoは、GEN10、GEN2000 MBEシステム、TurboDisc® K465i MOCVDシステムなどの業界を変える複数のシステム変革を実行しました。Veecoは、プロセス装置に注力するために計測機器事業を売却しました。

2011

Veecoは、データ ストレージ向けのNEXUS® DLC-XおよびOptium® ADS-800、TurboDisc MaxBrightマルチリアクターMOCVDシステムを導入しました。Veecoは、LED製造に不可欠なMOCVDシステムのトップ企業になりました。

2012

Veecoは、高スループットの光学コーティング用途向けにSPECTOR-HTイオン ビーム スパッタリング システムを導入しました。

2013

Veecoは、業界初の完全統合システムであるGENxplor R&D MBEシステムを発売しました。

2014

Veecoは、ソリッド ステート照明の採用を加速するTurboDisc EPIK700 GaN MOCVDシステムと、研究開発から高効率のGaNパワー エレクトロニクス デバイスの生産への移行を可能にするPropel PowerGaN GaN MOCVDシステムの2つのMOCVDシステムを発売しました。

Veecoは、高成長市場における実績を強化するために、Solid State Equipment LLC(SSEC)を買収し、SSECの名称をVeeco精密表面処理(PSP)という名前の事業単位に変更しました。

2015

Veecoは1年以内に50台目となるEPIK 700 MOCVDリアクターを出荷し、アジアの有力なファウンダリから精密表面処理(PSP)WaferStorm システムの受注を多数獲得しました。

2016

Veecoは、赤色、橙色、黄色(R/O/Y)LED生産のほか、マルチジャンクションIII-V族の太陽電池、レーザー ダイオードおよびトランジスタ生産用のTurboDisc K475i As/P MOCVDシステムを発売しました。

Veeco GENxplor MBEシステムは、設置台数ベースで世界中の大学の研究開発での競争を勝ち抜く最大のツールを記録しました。

Veecoはニューヨーク州(プレインビュー、キングストン、ポキプシー)の製造事業を、ニュージャージー州サマセットの1つの施設に統合し、業務効率を向上させ、顧客のニーズを満たしました。

2017

Veecoは、高度なパッケージング アプリケーションおよびLED用のリソグラフィ製品のリーダーとして知られるUltratech、Incを買収し、半導体デバイスの製造に使用されるレーザー スパイク アニール技術のパイオニアです。

2018

William J. Miller、工学博士、指名CEO。Miller博士は、以前は社長を務め、これまでにVeecoの世界中の事業単位および業務チーム内でいくつもの成長イニシアチブを導いてきました。