業界プレイヤーから業界リーダーへの成長

1990

Ed Braun前会長兼CEOは、自社株買い取りを先導して、半導体およびデータ ストレージ業界に貢献する、装置を扱う新しい企業を設立。彼の在職期間中に数々の技術の買い取りを完了します。

2007

John Peelerは新しいCEOに指名され、製品開発の加速化し、柔軟な製造アプローチと高成長市場戦略を構築します。

2008–2010

Veecoは、GEN10、GEN2000 MBEシステム、TurboDisc® K465i MOCVDシステムなどの業界を変えるような複数のシステム変革を実行します。

2010

Veecoは、薄膜プロセス装置に注力するために計測機器事業を売却します。

2011

Veecoは、データ ストレージ市場向けのNEXUS® DLC-XおよびOptium® ADS-800、LED市場向けのTurboDisc MaxBright Multi-Reactor MOCVDシステムを導入します。

2012

Veecoは、LEDメーカーにMOCVDシステムを供給するトップ企業です。

2013

Veecoは、OLED装置の柔軟な市場のためにSynos Technologyを買収し、業界初の完全統合MBEシステムであるGENxplor R&D MBEシステムを発売します。

2014

Veecoは、ソリッド ステート照明の普及を促進するために、TurboDisc EPIK 700 GaN MOCVDシステムを発売します。

Veecoは、R&Dから高効率GaNパワー エレクトロニクス デバイスの製造への移行を可能にするために、Propel Power GaN MOCVDシステムを発売します。

高度なパッケージング、MEMS、RFの高成長市場における実績を強化するために、Solid State Equipment Holdings LLC(SSEC)を買収し、SSECの名称をVeeco精密表面処理という名前の事業単位に変更します。

2015

Veecoは1年以内に50台目となるEPIK 700MOCVDリアクターを出荷し、アジアの有力なファウンダリから精密表面処理(PSP)WaferStorm™システムの受注を多数獲得しています。

2016

Veecoは、赤色、橙色、黄色(R/O/Y)LED生産のほか、マルチジャンクションIII-V族の太陽電池、レーザー ダイオードおよびトランジスタ生産用のTurboDisc K475i As/P MOCVDシステムを発売しました。